チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

意識変革は思い込みの変革 vol.2 〜すべての人がリーダーシップを〜

   

というわけで、前回は、
「観念形成のプロセス」について書いたわけですが、
じゃあ、自分や人のパフォーマンスを向上させるためには何が必要なのか。

今日はそんな観点で書いてみます。

繰り返しで強化される観念

同じような事実や出来事が繰り返されると、
その観念は強化されて、より強烈なものになっていく。

「ほらやっぱりこうなる」

強化された観念は、
それを促したりブロックしたりするために、
脳は自動反応的に身体を動かしていく。

無意識的、
つまり、自分では気づいていないところで、
勝手に身体が動いていたり、
振る舞っていたり、
言葉を発していたりするわけだ。

これが曲者。

必ず役に立つ観念を人は身につける

観念形成は、
周りから見ればどうかはわからないが、
その時の本人にとっては100%、
役に立つものとして行われる。

人を信じてはいけない。
自分は何をやっても無駄だ。

人を信じて自分が傷つくことを避けることができる。
自分が行動しなくて済むし、
行動して結果が出なくても、自分を慰める思い込みとなる。

一見ネガティブに見える観念も、
本人にとっては、何かしら、
役に立つものとして、本人の意識の中に存在する。

今は役に立っているかわからない

約束は守らなければならない。
あらゆるビジネスは人を喜ばせるために存在するものだ。
家族は大切にするべきだ。

これらは、私が持っているごくごく一部の観念であるが、
これは私の人生に役に立っているし、
これから先も手放すつもりはない。

観念というのは、一度形成されると、
ほとんど無意識の中で働くし、
同じような体験をすればするほどに強化されていく。
厄介なのは、気づけないということ。

自分の振る舞いや言動を変えたいのであれば、
まず、この無意識に働いてくれている観念に気づく必要がある。

思い込みを変える
思い込みを変えるためには、
まず気づく必要がある。

気づくこと。
言ってしまえばこれに尽きるのだが…。

「事実は何か?」
「それを私はどのように見ているのか、感じているのか」

事実と解釈はぐちゃぐちゃになりやすい。
でもここが分けられれば、大きな前進。

事実を事実として捉え、
そこにはいろんな見方があるのだということに気づく。

望ましくない行動や結果の特定

自分にとって、あるいは周りにとって、
望ましくない振る舞い、言動をしているときは、
何らかの観念・思い込みが働いている。

観念・思い込みの特定

・しなければならない
・してはいけない
・こうあるべきだ

自分はどうすべきと思っているのかを、
ちゃんと考えてみると、
なんらかの観念や思い込みが見えてくる。

事実をどのように捉えているのかへの気付き

前回のブログにて、
観念が形成されていくプロセスについて触れたが、
結局のところ、事実をどのように捉えているのかということが、
観念を形成していく入り口。

この事実の捉え方、
ものの見方や考え方について、
別の視点があって、違う考え方ができるということに来づければ、
古い観念を手放し、新たなパターンで行動できる可能性が高まる。

観念・思い込みの修正

特定すると、選択ができる。
その思い込みを持ち続けることもできるし、
新たな形に整えて、
あるいはまったく別の観念・思い込みを形成して、
先に進むことができる。

新たな観念を選び続ける仕組み

そうはいっても、古い観念・思い込みは強烈。
どれだけ意識していても、今までの慣れ親しんだ観念や思い込みが顔を出す。

意識してできるようになるには、それなりに時間がかかる。

したがって、やり続けられるように、
意識付けし続けるような仕組みがあるといい。

観念の変換もコーチングでできる

自分ひとりの力でこれらのプロセスを動かすことが難しければ、
コーチングというのはひとつの役に立つツールだ。

やはりひとりの力で気づくことは難しい。

どうしても
「自分は正しい」って思うので…。

別の見方を提供できる存在がいると、
取り組みが容易になる。

 - リーダーシップ

  関連記事

石原都知事の記者会見から見るトップの責任

石原元都知事の記者会見 「座して死を待つつもりはない」 「逃げるというのが一番嫌 …

新たなリーダーシップの醸成には忍耐が必要

リーダーシップとは何か 今月は、リーダーシップに関するセミナーを実施することが非 …

チーム理念の認知⇒理解⇒実践

チームコーチングにおいて非常に重要な事柄。 チームの理念を明確にすること。 広辞 …

no image
リーダーシップは意図と表現

リーダーシップとは何か リーダーシップという言葉は、 今や常に身近にあり、 いつ …

no image
意識変革は思い込みの変革 vol.1 〜すべての人がリーダーシップを〜

信念・観念で人は動く 信念や観念というのは、 信じ込みや思い込み。 また、決めつ …

リーダーシップはすべての人がとるもの!

リーダーシップとは何か 「リーダーシップ」 この言葉、 世の中にはいろいろな定義 …

no image
思い込みのパワーが組織を変革する

情熱大陸 とか スーパープレゼンテーション とか プロフェッショナル カンブリア …

チームを強くする当事者意識

今日はチームとリーダーシップの研修。 組織がチームになるのか、 ただの集団で終わ …

仕事の勉強会@松本 『リーダーシップ編①』

本日は松本で『仕事の勉強会』。 毎月一度、株式会社内藤城主催で、 ビジネスに役立 …

存在するだけで起きるコミュニケーション 〜コミュニケーションはリーダーシップ Vol.1〜

入社1年目向けのコミュニケーション研修 明日は、東海の某企業において、 入社1年 …