チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

石原都知事の記者会見から見るトップの責任

   

石原元都知事の記者会見

「座して死を待つつもりはない」
「逃げるというのが一番嫌いだ」

昨日、豊洲問題で渦中にある、石原都知事が記者会見を行った。

家を出るとき↓

(どんなお気持ちですか?)
「果し合いに向かう侍の気持ち」

帰ってきた時↓

(果し合いの結果は?)
「五分五分だった」

現代の武器は言葉

現代の果し合いにおいて、
主に使われる武器は何か?

当然ながら、
刀でやり合うわけではない。

主に使われるものであり、
使われるべきもの、

それは「言葉」であろう。

さて、その言葉の打ち合いを、
誰とやるつもりなのか。

誰を打ち負かそうと言うのか?

その対象は、
やはり「言葉」を聴いていればわかる。

対象は

小池現職都知事であり、
集まっている記者であり、
そして都民。

戦う目的

彼は戦っている。
戦いには必ず目的がある。
大義名分というやつだ。

その目的に共感者がいればいるほどに、
仲間が増え、目的は達成しやすくなると言える。

では今回石原さんは何のために戦っているのか。

都民のため?
都政のため?
最もあおりを受けている築地の人たちのため?

到底そんな風には見えない。

ではどんな風に見えるか。

自分がいかに正しいか。
自分にいかに責任がないか。

それを必死で証明するため。

自分の権威を守るため。
自分の立場を守るため。
自分のプライドを守るため。

少なくとも私からは、
こんな風に見える。

どんな大義名分を発していようとも、
コミュニケーションは、
受け手が受け取ったものが、
そのコミュニケーションの効果となる。

「それは受け取り方が悪いんだ」

なんて言うことは可能だが、
残念ながらコミュニケーションは、
そんな風に受け取らせてしまった、
発信者の責任である。

いろんな捉え方があるだろうが、
テレビを観ていても、新聞を見ていても、
この石原さんの記者会見を、
好意をもって受け止めている人はいないように見受けられる。

この目的に共感している都民は、
果たしてどのくらいいるのだろうか。

トップの無責任

今回の石原さんの言葉を聴くと、
総じて言えば、

「私は悪くない。部下が悪いんだ。信頼してたのに」

こんな風に聴こえる。

会社の社長なら、

多額の損害
「部下がやったことですから」

粉飾決算
「部下がやったことですから」

異物混入
「部下がやったことですから」

こう言っているのと全く変わらない。

なんともかっこ悪い経営者である。

世間や社会は許さないだろう。

侍に例えるのであれば、

歴史的大敗

「家臣が勝手にやったことですから」

「だからせめて私の命だけは…」

侍というのは、
こういう生き方をする人のことを言っているのだろうか?

まあ、たしかにこういう大名様もいたのだろうけれど…。

トップの責任

私の大学のサークルであっても、
首相は最終的な責任を取る存在であった。

少なくとも私が在学中の首相というのは、

「何かあれば自分が責任を取る」

そういう覚悟を持って、役職に就いたし、
それを全うしていたように見えた。

会社のトップというのは、
どこで何が起ころうとも、
自分ごととして説明責任を果たし、
柔軟に誠実に対応していくことが求められる。

一生懸命自己弁護に努めるのではなく、
起きたこと、起こしたことを我が事として受け止め
都民が望む「解決」という形を、
全力で目指す当事者であって欲しいものだ。

Leader Leadership Skill Authority Influence Concept

 - リーダーシップ

  関連記事

no image
思い込みのパワーが組織を変革する

情熱大陸 とか スーパープレゼンテーション とか プロフェッショナル カンブリア …

チームを強くする当事者意識

今日はチームとリーダーシップの研修。 組織がチームになるのか、 ただの集団で終わ …

相手に伝わったことがコミュニケーションの効果性 〜コミュニケーションはリーダーシップ Vol.2〜

伝えたことと伝わったことは違う 人はコミュニケーションにおいて、 何を伝えたかと …

no image
意識変革は思い込みの変革 vol.1 〜すべての人がリーダーシップを〜

信念・観念で人は動く 信念や観念というのは、 信じ込みや思い込み。 また、決めつ …

仕事の勉強会@松本 『リーダーシップ編①』

本日は松本で『仕事の勉強会』。 毎月一度、株式会社内藤城主催で、 ビジネスに役立 …

リーダーシップはすべての人がとるもの!

リーダーシップとは何か 「リーダーシップ」 この言葉、 世の中にはいろいろな定義 …

存在するだけで起きるコミュニケーション 〜コミュニケーションはリーダーシップ Vol.1〜

入社1年目向けのコミュニケーション研修 明日は、東海の某企業において、 入社1年 …

新たなリーダーシップの醸成には忍耐が必要

リーダーシップとは何か 今月は、リーダーシップに関するセミナーを実施することが非 …

no image
意識変革は思い込みの変革 vol.2 〜すべての人がリーダーシップを〜

というわけで、前回は、 「観念形成のプロセス」について書いたわけですが、 じゃあ …

no image
リーダーシップは意図と表現

リーダーシップとは何か リーダーシップという言葉は、 今や常に身近にあり、 いつ …