チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

仕事の勉強会@松本 『リーダーシップ編①』

   

本日は松本で『仕事の勉強会』。

毎月一度、株式会社内藤城主催で、
ビジネスに役立つ(であろう)様々なタイトルで、
勉強会を開いています。

なんとたいそうなポスターも出来上がっておりびっくりしました。
20150602_チームコーチング_仕事の勉強会_松本_リーダーシップ_半谷知也

非常にありがたいことです。

本日のタイトルは『リーダーシップ』

リーダーシップというのは、なかなか難しいテーマ。
『リーダー』とか『リーダーシップ』の解釈や定義は、
世の中にあふれており、
「これが正しい!」というものが確立されているわけでもない。

しかし面白い一日になりました。

いわゆる『経営者』もたくさん集まり、
『従業員』もたくさん集まり、
リーダーという言葉への認識もさまざま。

『「この中で組織のリーダーである」という人手を挙げて』

という問いかけでスタートしましたが…、
手を挙げたのは経営者+数名。

つまり、ほとんどの従業員は、
「私は組織においてリーダーではない」
という位置づけにしているということ。

リーダーは上司。
リーダーは社長。
リーダーは○○長。

リーダーはまとめる人。
リーダーは引っ張る人。

『まとめる』の対極には『まとめられる』人がいるわけで、
『引っ張る』の対極には『引っ張られる人』人がいるわけで、
大半が「引っ張られる」意識を、
潜在的にでも持っているのであれば、
その組織はなかなか動かないでしょう。

20150602_チームコーチング_仕事の勉強会_松本_リーダーシップ_風景_半谷知也

自分をリーダーだと認めたとしたら…

「自分をリーダーと認めたんだとしたら、
あなたは組織において何を引っ張りますか?」

これは今日の最後の問いかけ。

人を引っ張ろうとするから、
「私の仕事ではない」
と壁をつくる。

でも人はそれぞれ必ず、
「このことは私に任せろ」
「このことはあてにしてくれて構わない」
ということを持っている。

必ずある。

リーダーは強みも弱みも認める

自分の強みを認め、それを存分に活かす。
それはきっと、他の人の弱みを補完するものでもあろう。

強みを認めることは勇気のいること。
強みをオープンにすることは、勇気のいること。

なぜならば、
言ったらやらなきゃいけないから。
言ったら責任がうまれるから。

自分の弱みを認め、それをオープンにする。
弱みは、
人に知らせることはおろか、
自分自身で認めることも勇気のいること。

それは自分も他人も評価するから。

だから人はそれを隠そうとする。
あるいはできるフリを決め込む。

それはうまくいかない。

「私これが苦手」
「わたしこれが出来ない」

「だから助けて」

これが言えるリーダーは、強い。
これが言えるリーダーは、共感を生む。
これが言えるリーダーは、ファンを創る。

さてあなたは、
何を引っ張りますか?

興味ある方は、是非松本にお越しくださいませ。
↓「仕事の勉強会」のチラシ
『2015年度_仕事の勉強会@松本』ちらし

 - リーダーシップ

  関連記事

チームを強くする当事者意識

今日はチームとリーダーシップの研修。 組織がチームになるのか、 ただの集団で終わ …

リーダーシップはすべての人がとるもの!

リーダーシップとは何か 「リーダーシップ」 この言葉、 世の中にはいろいろな定義 …

相手に伝わったことがコミュニケーションの効果性 〜コミュニケーションはリーダーシップ Vol.2〜

伝えたことと伝わったことは違う 人はコミュニケーションにおいて、 何を伝えたかと …

no image
リーダーシップは意図と表現

リーダーシップとは何か リーダーシップという言葉は、 今や常に身近にあり、 いつ …

存在するだけで起きるコミュニケーション 〜コミュニケーションはリーダーシップ Vol.1〜

入社1年目向けのコミュニケーション研修 明日は、東海の某企業において、 入社1年 …

新たなリーダーシップの醸成には忍耐が必要

リーダーシップとは何か 今月は、リーダーシップに関するセミナーを実施することが非 …

ZAKさん講演 Vol.03 〜Silicon Valley Tour 2017〜

さて、ZAKさんシリーズのまとめです。 前回までのブログはこちら↓ ZAKさん講 …

no image
意識変革は思い込みの変革 vol.1 〜すべての人がリーダーシップを〜

信念・観念で人は動く 信念や観念というのは、 信じ込みや思い込み。 また、決めつ …

no image
思い込みのパワーが組織を変革する

情熱大陸 とか スーパープレゼンテーション とか プロフェッショナル カンブリア …

no image
意識変革は思い込みの変革 vol.2 〜すべての人がリーダーシップを〜

というわけで、前回は、 「観念形成のプロセス」について書いたわけですが、 じゃあ …